松山英樹がマスターズを制したクラブセッティングは?レビューまとめ
スポンサーリンク

日本人男子初のメジャー制覇をマスターズで成し遂げた松山英樹選手!
彼が使ってたクラブを使えば・・・なんて気になる人も多いのにゃ

 

 

タイガーウッズをはじめとするスーパースターが使ってるスポーツグッズが気になる人は多いですね。

 

今回は松山英樹選手のプロフィールからマスターズを制したクラブセッティングそのクラブを実際使ってるレビューをまとめてみました。

 

 

mangachaclub

スポンサーリンク

松山英樹さんの身長、体重などのプロフィール

松山英樹さんの身長、体重などのプロフィール

プロフィール
名前:松山 英樹  まつやま ひでき
生年月日:1992年2月25日
国籍:日本
出身地:愛媛県松山市
身長:181 cm (5 ft 11 in)
体重:90 kg (198 lb)
血液型:B型
家族:姉、妹
最終学歴:東北福祉大学
プロデビュー:2013年石川遼とは同学年で、ジュニア時代からしのぎを削ってきた。
中学二年生の時に「ゴルフをやる環境を整える」という目的でゴルフ部のある明徳義塾中学校に転校した。
明徳義塾高等学校時代の2008年には全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも選ばれるなど頭角を現す。2010年「アジア・アマチュア選手権」で優勝。
11年の海外メジャー「マスターズ」で27位に入り、日本人初のローアマチュアに輝いた。
11年の国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制し、倉本昌弘、石川に続く3人目のアマチュアでのツアー優勝。
13年にプロ転向し、同年はシーズン4勝を挙げるなどツアー初のルーキー賞金王。
14年から主戦場を米ツアーに移し、「ザ・メモリアルトーナメント」で初優勝。
16年「WMフェニックスオープン」で2勝目。
「日本オープン」で国内メジャー初制覇。
2週後の米ツアー「WGC HSBCチャンピオンズ」で日本人として初めて世界選手権優勝。
17年1月に結婚し、7月に第1子が誕生した。
同年「WMフェニックスオープン」を連覇。
「WGCブリヂストン招待」で世界選手権2勝目。
21年「マスターズ」で日本人男子初の4大メジャー制覇を達成した。

プロのスポーツ選手は、イチローもそうだけどやっぱり小さいころから英才教育を受けつつ本人もスポーツに対する姿勢が違うのにゃ!!

 

 

そんなマスターズを制したクラブセッティングを見ていきましょう。

スポンサーリンク

松山英樹のマスターズ優勝セッティング一覧

【松山英樹のマスターズ優勝セッティング】

1W:スリクソン ZX5 ドライバー(9.5度) ツアーAD DI(硬さTX、長さ45.25)

構えやすく振り抜きやすいです
前は右にふけてスライスしていましたが、ボールを捕まえやすくなり、軽いフェードから真っ直ぐの弾道になりました。
飛距離もロスが無くなり、20ヤード前後はUPしました。

振りやすく曲がりにくい!
■全体的な感想
タイトルの通り、現時点では非常に好感触です
■デザイン
比較的シンプルで、個人的には構えやすいです
■飛距離
従来使っていたRSと現時点ではほぼ遜色ありません
■打感
普通(色々試したことがないのでよくわかりません)
■方向性
シャフトとヘッドの相性なのか、従来のシャフトより柔らかいはずですが大きくブレる感じがしません
■弾道高さ
やや上がりにくいと思います
松山選手が使っているのはドライバーはスリクソン『ZX5』。
16年途中からずっと契約外のドライバーを使い続けていた松山だったが、「構えたときにフェースがストレートに見えて思い通りの弾道で飛んでくれる」と昨年8月の「BMW選手権」から『ZX5』に切り替え。
マスターズ3日目には327ヤードを記録するなど、飛距離も出ていたとのことです。

 

ドライバーは現在2本をメインに使用しています。
1、タイト910D3 ツアーAD DJ-6 (S)
2、キャロGBBエピック US仕様 クロカゲシルバー60 (S)
長らく1の910を使用していましたが、たまに捕まり過ぎてしまい
左のミスが出ることがあり、飛距離には満足していましたが
安定性にやや欠けるため悩んでいました。
DIはFWに装着していますので、純粋な比較には
なっていないかもしれませんが、DJに比べ安定性は段違いと
感じています。
185~200ヤードをきっちり狙えるクラブとして
7w(21度)を入れていますが、左に出る事がなく安心して
振れています。
最近でたTPに近い雰囲気ですが、私にはTPがしっかりし過ぎに
感じ、DJとDIの間くらいのシャフトがあると理想的ですが
まだ巡り合えていません。
最近購入したエピックのクロカゲシルバーは思いのほか良いので
浮気してしまいそうですが・・・。

 

3W:SIM2 フェアウェイウッド(3番15度)

構えやすく、弾道の高さも出ますし、距離・方向性も優れています。安心して打てます。
値段の割にかなり満足しています。
評価:★★★★☆
重量感/普通
飛距離/良い
フレックス/普通
弾道高さ/少し高い
3番ウッドは『SIM2』、そして5番ウッドは入れずにアイアン型ユーティリティ『SIM UDI』の3番をバッグにイン。
米ツアーでも屈指の精度を誇るアイアンは、長年愛用しているマッスルバックのスリクソン『Z-Forged』。
ウェッジは3本で、ロフトを52、57.5、62度に調整。
テレビ解説の宮里優作が「魔法の杖」と形容するほど、大会中は何度も絶妙なアプローチでパーをセーブし、パトロンたちをわかせた。

3U:SIM UDI ユーティリティ(3番19度)

海外のレビュー

これは、テーラーメイドの最新の製品で、とても良いハイブリッドです。3番ウッドとローロフトアイアンの間のギャップを埋めることを目的としています。私は決してプロゴルファーではありませんが、私の意見では、偉大なフェアウェイドライバーになります。

グラファイトシャフトは、あなたのセットのための優れたオプション(または、他のレビュアーが提案したように、交換)です。

私はこの商品の18度のオプションを受け取りましたが、私のバッグではそれに満足しています。

評判の良いブランドの本当に素晴らしい新製品で、使い方の自由度が高いです。

海外のアマチュア

このドライビングアイアンは、ドライバーのコントロールに悩んでいる方にお勧めです。2番アイアンの角度は約18度で、フェアウェイウッドに匹敵します。このアイアンは貫通したボールの飛び方をし、他のアイアンよりも寛容性があります。

このアイアンには、黒と白のラムキン製のグリップが標準装備されています。このグリップは、摩耗したり手が黒くなったりすることなく、何年も使用することができます。

グラファイトシャフトは、伝統的なスチール構造よりもキック力があります。スイングスピードが速くなればなるほど、硬いフレックスが必要になります。

3番ウッドやフェアウェイドライバーの代わりとして、バッグの中に入れておくのも良いでしょう。

 

4I-PW:スリクソン Z-フォージド アイアン(4番―PW)

最高にカッコいいアイアン
■全体的な感想 美しいバランスことれたアイアン、一度も試打しないで購入しましたが!
一度振った時最高に振り易くとても良かったです
■デザイン美しい最高カッコイイ
■飛距離とても振り易く距離伸びました
■打感最高です大満足
■方向性私次第ですね
■弾道高さしっかり高く上がります

ホントにMB?ってぐらい易しい。
Z745からの変更です。
ミスヒットしたときに飛ばなくなる=OBを減らしたいという理由から
MBに変更してみました。
シャフトもNS980のDSTモデルからNSのModus3-120Sに変更し、
高弾道を少し低くしてみたかったのですが想定よりは弾道下がらず。
でも、ちょっと飛ぶようになりました。
ミスヒットがしっかり手にフィードバックがあるので、しばらくこれで
鍛錬したいと思います。
試打時データ;7i (ロフト33度)
当方、7iのHSは36~37ぐらいです。(Drは44前後)
キャリー155ydぐらい。Bスピン4500rpm前後、着地角43~45度。

パター:スコッティキャメロン ニューポート2 プロトタイプ

前作より重量バランスもよく、慣れるまでは練習が必要ですがイントゥーインのスイング軌道を意識することでパター精度が上がりました。 日本仕様とは日本正規品のことで、国内のタイトリストホームページから製品登録もできました。 とてもよい買い物ができました。

評価:★★★★★
重量感/重い
飛距離/良い
フレックス/普通
弾道高さ/低い

松山選手マスターズ優勝の記念に、思い切って購入しました。
ずっと欲しかったので、この機会を大感謝です。
今週のラウンドから使用します。
家で少し打ってみましたが、感触はとても良いです!評価:★★★★★
重量感/重い
飛距離/普通
フレックス/普通

 

やっぱり松山選手がマスターズで使ってたと聞いて買う人はいるのにゃ!
プロの使ってるグッズを実際に持つと、それだけでうまくなった気がするのにゃ

 

スポンサーリンク

松山英樹がマスターズを制したクラブセッティングの裏話

松山英樹がマスターズを制したクラブセッティング

松山選手はマスターズトーナメント最終日、表彰式の合間に1本の電話をかけました。

お相手は用具契約を結ぶ住友ゴム工業で松山のギアを担当する宮野敏一さん(40)でした。

第一声「このドライバーでよかったです。ありがとうございました」と感謝を伝えたのです。

 松山はとことんクラブにこだわり、妥協を許さない。宮野さんにリクエストしたのは「アイアンのように操作できるドライバー」。時流の低スピンではなく、ある程度のスピン量を要求し、かつパワーゴルフ全盛の米ツアーで戦うために必要な飛距離も求めた。

「松山選手は研究熱心で自らアイデアも出す。顔(クラブのヘッド部分)にもこだわりがあって、上から見たときに丸いのは嫌いなんです」

ヘッドにマスキングテープを貼って、ミリ単位以下のシルバーの線をタッチペンで描き、お気に入りの顔に仕上げていく。すべて手作業。「他の人には区別がつかないと思います。『こいつらは何をやっているんだ』という感じで見られていました」と苦笑した

理想のドライバーになかなか出合えなかった松山は他社製品を使用していた時期も長かった。宮野さんは5年ほど前から松山と仕事上で親しくなり「力になりたかった」と今の会社に転職。試行錯誤の末、昨年9月に優勝から遠ざかっていた松山に「最高です」と言わせるドライバーを手渡すことができたという。

松山英樹「このドライバーでよかった」ギア担当・宮野さんに感謝の電話/マスターズ

宮野さんと松山さん二人でマスターズを制したといっても過言ではありませんね。

 

 

 

おすすめの記事