BTSバンタン ホソク(J-HOPE)の脱退の危機を救ったのはRMの頭脳だ!
スポンサーリンク

BTSのJ-HOPE(ホソク)さんが実はデビュー前に脱退するかもしれない危機にあったんだってさ!
今は立派にBTSのメンバーとしてがんばってるけど、そんなこと想像もつかなかったよね!
今やBTSのダンスリーダーとして活躍しているJ-HOPE(チョン・ホソク)さんですが、実はホソクさんにBTSから脱退するかもしれないという危機があったのでした
その理由は何だったのか? その危機を救ったリーダーのラップモンスターRMの神の一言とその裏側を考察しました!

mangachaclub

スポンサーリンク

バンタンのJ-Hope(ホソク)のプロフィール

jhope

プロフィール
本名:チョン・ホソク (Jung Ho-Seok)
生年月日:1994年2月18日
担当:リードラッパー/メインダンサー
身長:177cm
体重:59kg
血液型:A型
地元光州でストリートダンサーとして「スマイルホヤ」の名で活動していました。
BIGBANGのV.Iが設立したスンリアカデミーに通っていました。BTSではラッパー兼メインダンサーという立ち位置ですが、J-HOPEの専門はストリートダンス。
ちなみに芸名のJ-HOPEは「みんなの希望」というHopeと本名の「Jeong」の頭文字のJから取っており、自分がみんなの希望になるという意味があるそうです。
スポンサーリンク

防弾少年団J-Hope(ホソク)脱退の危機の原因は?!

jhope日本でも大人気のBTSホソクさんの脱退の危機!

というとかなりびっくりしてしまいますが、実はこれはBTSがデビューするときのお話で現在はそのようなことはありませんのでご安心ください。

現在はちゃんとBTSは7人で活動できていますね。

 

この事件はBTSのドキュメンタリー映像「BTS’s Burn the Stage」の中で語られたお話でした。

 

実はデビュー前の練習生だった頃は大手事務所のJYPのオーディションを受けた経歴があります。

そのころはまだなかなかデビューにこぎつけることができずじまいだったホソクさん。

そんな彼は通っていたスンリアカデミーで行われたオーディションでした。

そのオーディションには現在のBTSの事務所BigHitエンターテイメントの関係者たちで、実際にダンスを踊ってもらいその撮影をするという方式で行われました。

ちなみにこれが当時のホソクさんが撮影された映像

.

 

ダンス練習に熱心なホソクさんに目を付けていたBigHit事務所でしたが、最終的にBTSのメンバーからホソクさんとともにジミンさんも外される予定でした。

既にこの時、ホソクさんは「その時にはもうやめるって決めていたよ」と笑いながら話していたそうです。

 

ちなみにBigHitエンターテイメントは今でこそかなり大きな事務所ですが、当時は無名の弱小事務所でした。

 

 

スポンサーリンク

バンタンのホソクを泣いて引き留めたジョングク

jhope

脱退を決めて自ら他のメンバーに伝えると、最年少のメンバージョングクが大泣きし、ホソクさんに抱き着きながら「辞めないでほしい!」と懇願したそうです。

当時ジョングクさんは15歳、中学3年生ですね。

他のメンバーも同じ思いながら、ホソクさんの決意には異を唱えなかったところ最年少のジョングクさんがある意味みんなのわがままを自分の口から代弁したのでしょう。

 

ただ、決意は固かったため去っていくホソクさんでした。

jhope脱退

バンタンのホソクの脱退の危機を回避したRMの一言

rm

ホソクさんの脱退を知ったリーダーのラップモンスターRMはすぐさまBigHitエンターテイメントのマネジメントに直談判をしに行きました。

rm

翻訳:私たちにはチョン・ホソク(J-Hope)が必要なんだ。私たちは彼無しだとチームになれないんだ

と強く説得しました。

 

そういうこともあって、BigHitエンターテイメント事務所はホソクさんの脱退を取り消し防弾少年団BTSを7人でデビューさせたのだと思います。

 

のちにホソクさんは「もう一度頑張る」とメンバーに戻ってきました。

「本当にあの時、みんなのことを信じていたからグループに戻るって決めた。長い間一緒に頑張ってきたし、何よりもみんながそばにいてくれたから」と語りました。

デビュー前から一緒に練習をしてかなり絆が深まっていたのでしょう。

ラップモンスターRMさんものちに彼無しでは何ができるのか想像もできないと話しており、彼のダンスやパフォーマンスが世界レベルである事はまちがいないですね。

jhope脱退

jhope脱退

考察 今のJ-HopeがいるのはRMの頭脳のおかげ!?

rm

当時 BigHitエンターテイメント自体がかなりの弱小事務所であったためリーダーを務めるラップモンスターの権限はかなり強かったと思われます。

 

実際、ラップモンスターRMに感銘を受けてジョングクをはじめとするメンバーが加入しています。

そのため、ここでラップモンスターRMの意見に反論した場合、ラップモンスターに憧れて入ったメンバーたちが「最悪の場合、全員事務所を脱退される」のではないだろうか?と考えた可能性はありますね。

これはあくまで想像ですが、「もしホソクを戻さなければ主要メンバーを全員脱退させる」というカードを持っていたという可能性も否定はできません。

 

そういった交渉材料を賢いRMが持っていないはずはないと思います。

rm

実際ラップモンスターRMさんはかなり頭の回転が速いため、そういうことも視野に入れて交渉したのでしょう。

 

そしてリーダーのRMはメインラッパーとして活躍しています。

そしてJ-Hopeさんはリードラッパー兼メインダンサーとして活躍。メインラッパーのRMさんはリードラッパーとしてもホソクさんを手放したくはなかったでしょう。

また、ダンサーとしてもBTSの中で1位2位を争うほどの腕前でダンスを苦手とするジンさんを引っ張る役目としてもとても重要です。

 

これほどまでにチームの中で重要な役目を担うホソクさんを、何としてもRMさんは脱退させたくなかったはずです。

 

結果的にBTSは7人メンバーでそれぞれの特色を生かしたパフォーマンスを見せて楽しませてくれています。

そういった意味では今のBTSがあるのはRMさんの頭脳のおかげと言えるかもしれませんね!

jhope脱退

そんな未来があったかもしれません。

RMさんには感謝ですね!

 

 

BTSの 全19タイトル の ライブ配信を 今すぐ 無料で 見る!!>>

 

BTS関連記事

おすすめの記事